会長挨拶

 日本癌局所療法研究会の原点は,1980年(昭和55年)に発足した動注癌化学療法研究会に遡ります。「動脈内注入化学療法による癌治療全般についての基礎的,臨床的研究を検討する共通の場を提供すること」を目的に,同年から1990年(平成2年)まで,12回の研究会が開催されました。第1回から第3回までは発起人のお一人である伊藤一二先生(東京都立駒込病院)が代表世話人を務められ,第4回からは会長制に移行し,第9回まで梶谷 鐶先生(癌研究会)が,第10回以降は田口鐵男先生(大阪大学)が会長を務められました。当初,関東地区を中心に開催された研究会もしだいに全国的規模になり,1991年(平成3年)の第13回から名称が癌局所療法研究会に,さらに1998年(平成10年)の第20回からは日本癌局所療法研究会に改められました。各当番世話人の先生方のご努力もあり,「がんの局所療法に関する研究を行い,がんの治療に貢献すること」を目的に,活発な研究会活動が続けられて現在に至っています。また,第19回からは佐治重豊先生(岐阜大学)が,第27回からは落合武徳先生(千葉大学)が会長を務められ,第30回からは小川健治先生(東京女子医科大学)が,第36回からは私が会長を拝命しております。

 がん治療の三本柱は手術,化学療法,放射線治療ですが,近年では各々の進歩でその治療成績は飛躍的に向上しています。固形癌でも化学療法や放射線治療のみで治癒する症例をみるまでになっていますが,その一方で転移,再発,手術不能例は依然として多く,治療に難渋することも事実です。新規化学療法剤や分子標的治療薬の開発で全身療法に目を奪われがちですが,特に後者の症例では,手術,放射線治療,本研究会の伝統である局所化学療法,インターベンション治療などの局所療法を駆使し,また上手に組み合わせることが不可欠です。症例ごとに最適な治療法,組み合わせがあり,またインターベンションなどには特別な治療手技も必要となります。研究会発足当初からの目的どおり,各々の創意工夫や手技を発表し,検討する共通の場を提供し,その成果や技術を会員一同が共有することが本研究会の大きな役割と思っております。

 その発表の場である研究会は本年で36回を数えましたが,ここ3年間は演題数の飛躍的な増加をみており,癌局所療法への高い注目度が伺われます。ラジオ波治療,ステント治療,重粒子線などの新たな放射線治療,局所療法の緩和医療への応用など,本研究会が今後取り組むべき課題は多く残されており,医師,コメディカルをはじめ,多くの方々のご参加を期待しています。また,会員の皆様には,今後ともご支援,ご協力を賜りますよう,よろしくお願い申し上げます。

日本癌局所療法研究会 会長 平川 弘聖