過去奨励賞受賞者

【第39回(平成29年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:再発肝細胞癌に対する局所療法

    橋口真征(鹿児島大学 消化器・乳腺甲状腺外科)
     
  2. 主題Ⅱ:局所進行乳癌に対する集学的治療における免疫微小環境から捉えた治療効果予測

    後藤 航(大阪市立大学大学院 腫瘍外科)
     
  3. 主題Ⅲ:幽門側胃切除術後の膵体尾部腫瘍に対する残胃温存に配慮した膵切除術

    森 泰寿(九州大学 臨床・腫瘍外科)
     
  4. 主題Ⅳ:大腸癌イレウスに対してイレウス管を用いた減圧後の腹腔鏡手術の検討

    賀川義規(関西労災病院 消化器外科)
     
  5. 主題Ⅴ:3期分割手術を含む集学的治療にて根治切除しえた食道癌縦隔瘻の一例

    河本 慧(岡山大学 消化器外科)
     

【第38回(平成28年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:下部直腸癌・肛門管癌に対する術前化学放射線療法施行後リンパ節郭清の治療成績

    植田康司(神戸大学医学部外科学講座・食道胃腸外科学分野)
     
  2. 主題Ⅱ:RVSによる乳癌術前化学療法後病変範囲の同定法

    榊原淳太(千葉大学・臓器制御外科)
     
  3. 主題Ⅲ:当院における大腸ステントを使用した大腸癌イレウスの新たな治療戦略

    今西俊介(とちぎメディカルセンター下都賀総合病院・外科)
     
  4. 主題Ⅳ:食道癌術後再発に対する局所療法を中心とした再発治療戦略

    岡本浩一(金沢大学・消化器・腫瘍・再生外科)
     
  5. 主題Ⅴ:超高齢者の腹腔鏡下肝切除術の治療成績

    大村仁昭(関西労災病院・外科)
     
  6. 一般演題:市中病院における腹腔鏡下低位前方切除術の安全性:多施設共同後ろ向き検討

    前澤幸男(神奈川県立がんセンター・消化器外科)

 

【第37回(平成27年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:再発大腸癌における粘液成分とKRAS変異の関連性および予後の検討

    淺利昌大(神奈川県立がんセンター・消化器外科)
     
  2. 主題Ⅰ:乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球の臨床的意義の検証

    浅野有香(大阪市立大学大学院・腫瘍外科)
     
  3. 主題Ⅱ:BRAF変異を伴うStage Ⅳ大腸癌の特徴および治療戦略の確立

    稲田 涼(岡山大学・消化器外科)
     
  4. 主題Ⅲ:膵癌腹膜転移に対するS-1+paclitaxel経静脈・腹腔内併用療法

    山本智久(関西医科大学・外科)
     
  5. 主題Ⅳ:胆道癌術後難治性腹水に対するデンバーシャントによる緩和医療

    宮内洋平(千葉大学大学院医学研究院・臓器制御外科学)

 

【第36回(平成26年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:肝内胆管癌再発例に対する再切除の可能性

    村上 冴(神戸大学・肝胆膵外科)
     
  2. 主題Ⅱ:当院の肝障害度B肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績

    桂 宜輝(関西労災病院・外科)
     
  3. 主題Ⅲ:高度脈管侵襲肝細胞癌に対する術後予防肝動注療法の治療効果討

    武山秀晶(熊本大学大学院・消化器外科学)

 

【第35回(平成25年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:CRT後の下部直腸進行癌の病理組織学的な至適切除範囲の検討

    木ノ下修(京都府立医科大学・外科学教室・消化器外科学部門)
     
  2. 主題Ⅰ:光力学的診断法による胆汁細胞診と術前化学療法への対策の試み

    伊藤直子(岩手医科大学医学部・外科学講座)
     
  3. 主題Ⅱ:BRAF変異を伴うStage Ⅳ大腸癌の特徴および治療戦略の確立

    稲田 涼(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科・消化器外科学)
     
  4. 主題Ⅲ:大腸癌同時性肝転移に対するConversion therapyの検討

    諸橋 一(弘前大学大学院医学研究科・消化器外科学講座)
     
  5. 主題Ⅳ:肝腫瘍に対する凍結治療の有用性

    山田敦子(岐阜大学大学院・腫瘍制御学講座腫瘍外科)
     
  6. 主題Ⅳ:進行肝細胞癌に対する粒子線治療後にPIHPを施行した症例の検討

    田中基文(神戸大学大学院医学研究科・外科学講座肝胆膵外科学分野)

 

【第34回(平成24年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:肝細胞癌に対するラジオ波後局所再発例の病理学的検討

    飯田洋也(明和病院・外科)
     
  2. 主題Ⅱ:膵・胆道癌による十二指腸狭窄に対する十二指腸ステントの適応

    佐藤 圭(横浜市立大学附属市民総合医療センター・消化器病センター外科)
     
  3. 主題Ⅲ:ダブルバルーン内視鏡で確定診断した術後再発胆管癌の3例

    篠崎健太(神戸大学大学院医学研究科・外科学講座肝胆膵外科学分野)
     
  4. 主題Ⅳ:術前診断Stage Ⅱ胆管癌に対する術前化学放射線療法

    中川 圭(東北大学大学院・統合癌治療外科)

 

【第33回(平成23年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:局所麻酔科における乳癌根治手術の有用性と認容性

    柏木伸一郎(大阪市立大学大学院・腫瘍外科)
     
  2. 主題Ⅱ:CTによる腹膜播種係数の術前診断

    呂チャンユン(Surgical Department of Wan Fang Hospital)
     
  3. 主題Ⅲ:腹膜播種に対するシスプラチン新剤形の開発-基礎的研究-

    板橋哲也(岩手医科大学医学部・外科)
     
  4. 主題Ⅳ:Stage Ⅱ・Ⅲ食道癌に対する化学放射線療法の意義

    岩間 密(近畿大学医学部奈良病院・外科)

【第32回(平成22年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:膵癌に対する術前化学放射線療法後切除例の長期予後と今後の治療戦略

    柳本泰明(関西医科大学・外科)
     
  2. 主題Ⅱ:肝切除と経皮的肝灌流(PIHP)の2段階治療(Dual Tx)を施行しえたVp4門脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌の1例

    中馬正志(神戸大学・肝胆膵外科)
     
  3. 主題Ⅲ:動注化学療法と定位放射線治療の併用治療が著効した局所進行膵体部癌の2例

    西尾福英之(奈良県立医科大学・放射線科)

 

【第31回(平成21年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:局所療法としての術前化学・放射線療法の意義

    阿久津泰典(千葉大学大学院医学研究院・先端応用外科)
     
  2. 主題Ⅱ:移転性肝癌に対する局所療法

    童 仁(奈良県立医科大学・消化器・総合外科)
     
  3. 主題Ⅲ:私の印象に残る癌局所療法

    岡脇 誠(川崎医科大学・臨床腫瘍学)

【第30回(平成20年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅱ:胃癌腹膜播種モデルにおける薬物動態を考慮した抗VEGF療法の検討

    八木康道(金沢大学・消化器・乳腺外科)
     
  2. 主題Ⅲ:再発肝細胞癌に対するクライオアブレーション

    長谷川康(慶応義塾大学・一般・消化器外科)
     
  3. 一般演題:肝細胞癌合併非代償性肝硬変に対する肝移植後の肺転移再発5例の治療経験

    浅岡忠史(大阪大学大学院医学研究科・外科学講座消化器外科学)
     
  4. 一般演題:進行再発大腸癌閉塞症例に対するステント治療の経験

    正村裕紀(JA北海道厚生連旭川厚生病院・外科)

 

【第29回(平成19年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅱ:食道扁平上皮癌に対するp53遺伝子治療の有害事象

    太田拓実(千葉大学・先端応用外科・食道胃腸外科)
     
  2. 主題Ⅲ:大腸癌肝転移に対するCliradian Chronotherapy肝動注の有用性

    松本千鶴(横浜市立大学・消化器肝移植外科)
     
  3. 一般演題:十二指腸癌による出血に対して動脈塞栓術が奏効した一例

    山本琢磨(市立吹田市民病院・外科)
     
  4. 一般演題:難治性精巣腫瘍に対するラジオ波焼灼術(RFA)の経験

    中村晃和(京都府立医科大学大学院医学研究科・泌尿器機能再生外科)

 

【第28回(平成18年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:根治切除不能胃癌に対する化学放射線療法の局所療法としての意義

    清田 毅(慶應義塾大学医学部・外科)
     
  2. 主題Ⅱ:肝細胞癌非切除例における経皮経肝門脈塞栓術の転移抑制効果

    岡部和利(NTT西日本九州病院・外科)
     
  3. 一般演題:マウス固形癌を用いたIFN-λの抗腫瘍効果について

    佐藤篤子(自治医科大学・皮膚科学教室)

 

【第27回(平成17年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:三次元的超音波による経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA)の効果判定法

    今中和穂(大阪府立成人病センター・消化器内科)
     
  2. 主題Ⅲ:新規FGF receptor 2リン酸化阻害剤による4型胃癌腹膜播種性転移の分子標的治療

    中村和憲(大阪市立大学大学院・腫瘍外科)
     
  3. 一般演題:肺癌に対する光線力学的治療(PDT)の最前線-基礎から臨床へ

    臼田実男(東京医科大学・外科学第1講座)

 

【第26回(平成16年度)受賞者】

 

  1. 主題Ⅰ:外来肝動注化学療法および全身化学療法併用にて5年生存し得た上行結腸癌多発性肝転移腹膜播種の1例

    望月亮祐(千葉大学大学院・先端応用外科)
     
  2. 主題Ⅱ:進行膵癌に対する膵周囲動脈塞栓術(TPPAE)と動注リザーバー留置における治療手技の工夫

    秋山剛英(時計台病院・消化器病センター)
     
  3. 一般演題:胃癌患者におけるリンパ節節外脂肪組織微小転移巣の検討

    小池 浩志(京都府立医科大学大学院・消化器外科)